「ツアーオブ九州2022」 ジュニアロードステージレースが過酷に進化



ジュニアロードステージレース「ツアーオブ九州2022」

2022年8月18日~8月21日開催

「ツアーオブ九州」はジュニア選手唯一のステージレース

ジュニア選手唯一のステージレースである「ツアーオブ九州2022」が2022年8月18日から8月21日にかけて開催されます。

ジュニアのステージレースとしては2007年まで「ツール・ド・とうほく」、2008年から2013年まで「みちのくステージ・レース in いわて」が5回開催されています。

現在、ツアーオブ九州は唯一のジュニアステージレースとなります。

ツアーオブ九州2021についてはこちらの記事を参考に

ツアーオブ九州 2021年11月19日開催決定 国内唯一の本格的ジュニアステージレース 全4ステージ&参加チーム紹介

3日間5ステージ 総走行距離263km

3日間で5ステージ

熊本県で3日間合計5ステージのレースです。

5ステージの中には個人タイムトライアル、山岳ステージ、市街地クリテリウムも含まれます。

8月19日(金)第1ステージ熊本県HSR九州個人タイムトライアル4.6km
8月19日(金)第2ステージ熊本県HSR九州ロードレース69km
8月20日(土)第3ステージ熊本県南阿蘇村山岳ロードレース79km
8月21日(日)第4ステージ熊本県湯前町ロードレース78km
8月21日(日)第5ステージ熊本県人吉市市街地クリテリウム32km
ツアーオブ九州 全ステージ

ツアーオブ九州 全ステージ

総走行距離は263km

総走行距離は263kmです。

「ツール・ド・九州2023」のプレ大会として開催

ツアーオブ九州は2023年秋に開催される国際自転車ロードレース「ツール・ド・九州2023」のプレ大会として開催されます。

ツール・ド・九州2023は福岡県、熊本県、大分県をまたいで開催されます。

クリテリウムとステージレースが予定されています。

国内外18チームが参加予定です。

全5ステージ コースプロフィール&見どころ

第1ステージ 8月19日9:00~HSR九州 個人タイムトライアル

ツアーオブ九州は個人タイムトライアルから始まるよ

第1ステージは個人タイムトライアルから始まります。

2.3km×2周回=4.6kmで争われます。

タイムトライアルですが、TTバイク、DHバーの使用は禁止です。

タイムトライアルは選手の実力差が出やすい種目です。

トップ選手は数十秒から1分のアドバンテージを稼ぐことが予想されます。

昨年行われたツアーオブ九州2021はチームタイムトライアルでした。

タイムトライアルについてはこちらの記事を参考に

ロードバイク タイムトライアル必勝方法 必ずやるべき10のこと!!

第2ステージ 8月19日15:30~HSR九州 サーキットコース

第1ステージと同日開催です。

2.3km×30周回=69kmで争われます。

HSR九州はフラットコースで車幅も広いため、逃げが決まり難いコースです。

下位選手にとっては、第1ステージでついたタイム差を第2ステージでどう埋めるかが、レース展開のポイントになりそうです。

上位選手が保守的なレースをした場合は、集団スプリントになる可能性が高くなります。

第3ステージ 8月20日8:30~南阿蘇周回コース 山岳ステージ

第3ステージは山岳ステージだよ

 

第3ステージは山岳ステージです。

13.2km×6周回=79.2kmで争われます。

総獲得標高は約2000mで、過酷なコースです。

コース断面図の通り、平坦がほぼありません。

選手の実力差が出やすく、大きなタイム差がつくステージとなることが予想されます。

ヒルクライムについてはこちらの記事を参考に

ヒルクライムが速くなるテクニック3選 ペーシング・補給カロリーを最適化してダンシングを使いこなす方法

第4ステージ 8月21日9:00~湯前町特設コース 平坦ステージ

最終日は午前、午後の2ステージあるよ

第4ステージは平坦ステージです。

9.8km×8周回=78.4kmで争われます。

第3ステージで遅れている選手が、ジャンプアップを狙って逃げを試みる可能性があります。

上位選手は、互いのタイム差を意識して保守的なレース展開になるかも知れません。

3日目の最終日であり、疲労が溜まっている選手にとって、過酷なステージとなりそうです。

第5ステージ 8月21日16:00~人吉市特設コース クリテリウム

最終ステージは人吉市街地で行われるクリテリウムです。

人吉市の中心部である、人吉城跡周囲で行われます。

ツアーオブ九州は九州豪雨災害復興祈念を掲げて開催されます。

人吉市の中心市街地は2020年7月の豪雨で大きな被害を受けました。

クリテリウムのコースとなっている付近も浸水被害を受け、復興途上にあります。

2020年7月豪雨での人吉市街地

1.6km×20周回=32kmで争われます。

総合優勝を狙う選手や団体総合優勝、ステージ優勝を狙う選手など、それぞれの思惑が交差するステージとなりそうです。

日曜日の夕方に中心市街地で行われるクリテリウムに、ジュニア選手が走れる機会は貴重です。

クリテリウムについてはこちらの記事を参考に

クリテリウムの走り方徹底解説!初心者・上級者別レース展開・ZWIFTワークアウト

参加チーム

どんな選手が参加するの?

参加チームは全国9ブロックの選抜チームとその他の選抜チームです。

1チームは6名(最少4名)です。

個人総合と団体総合で争われます。

個人総合は各ステージの合計タイムで争われます。

団体総合は各ステージのチーム上位 3 名の合計タイムで争われます。

2021年はポイント賞も設定されました。

2004年、2005年生まれのジュニア選手が参加します。

特別措置として、ジュニアと同等の走力があるU17選手の参加も認められています。

全国地域選抜北海道・東北、関東、東海、北信越、近畿、中国、四国、九州
全国高体連選抜全国高体連自転車競技専門部 選手強化部会推薦
主催者推薦 SJCF ジュニアロード部会推薦、日本学生連盟推薦ほか
主催者推薦 A主催者が指定する大会の上位チームより主催者が推薦するチーム
主催者推薦 B主催者推薦チーム

全国の有力選手が一堂に会するステージレースとなります。

注目のジュニアロードレーサーについてはこちらの記事を参考に

2022年インターハイ自転車ロードレース コース・見どころ・注目選手

より過酷なステージレースへ進化した3つの理由

①ステージ数は増加するが、開催日程は短縮

ステージ数は増えたのに、開催日程は短縮されているよ

日程短縮でよりハードなステージレースとなる

2021年は4ステージで4日間の日程でした。

1日1ステージでした。

2022年は5ステージで3日間の日程です。

初日と最終日は1日で2ステージのダブルヘッダーです。

2日目のみ1ステージですが、過酷な山岳ステージです。

1日目は午前中に4.6kmの個人タイムトライアル、午後に69kmのロードレースです。

特に最終日は過酷なレースになるよ

3日目最終日は、午前中に78kmのロードレースを走ります。

移動を挟んで、午後から市街地クリテリウムとなります。

最終日の開催地である湯前町と人吉市は隣接しており、車で1時間程度の距離にあります。

移動時間は短いものの、連日のレースで疲労した選手にとって過酷な最終日となりそうです。

②11月開催から8月開催に変更

暑さとの闘いもあるよ

2022年は酷暑との闘い

2021年はコロナの影響で11月下旬に開催されました。

九州でも11月下旬は涼しい気候です。

最終日はオートポリスという高地の開催地で、しかも雨だったこともあり、低体温症になる選手もいました。

2022年は8月中旬の開催となります。

気温も30℃を大幅に超える気温となることが予想されます。

過酷な暑さでのレースとなります。

③チームタイムトライアルが個人タイムトライアルに変更

チームタイムトライアルが個人タイムトライアルに変更されたよ

チーム力に個人総合が左右されにくくなる

2021年の第2ステージはチームタイムトライアルでした。

チームタイムトライアルはチームの力の差が大きく出ます。

11.5kmの距離でトップチームと下位チームは3分近いタイムギャップがありました。

力のある選手でも、下位チームに所属していると総合ではかなり不利な状況でした。

2021年は、第1ステージの優勝選手が第2ステージでタイムを大幅に失い、下位に沈みました。

2022年は個人タイムトライアルに変更されました。

チームの強い弱いに関わらず、力のある選手が総合上位を狙える状況になりました。

力があるのにチームタイムトライアルでタイムを失う、という事がなくなったよ

チーム力を使って個人成績が上がる、という事もなくなりました。

熊本県内のみで開催

毎日の移動距離は短くなったよ

移動距離の短縮

2021年のツアーオブ九州は熊本県、宮崎県、大分県の3県にまたがって開催されました。

2022年のツアーオブ九州は熊本県内のみの開催になります。

熊本県全域を使って開催されるため、移動を伴いますが、距離は大幅に短縮されます。

レース結果

藤村一磨選手(九州選抜)が圧倒的な強さで総合優勝

個人総合優勝藤村 一磨九州選抜
ポイント賞藤村 一磨九州選抜
山岳賞自檀地 一奈良選抜
チーム総合九州選抜

第3阿蘇ステージが降雨のため周回数が変更になった以外は、予定通りに実施されました。

個人総合優勝の藤村選手は、タイムトライアルを除く全てのステージで単独または2人で逃げ切りました。

レース序盤から中盤にかけて自ら積極的に仕掛け、個人総合優勝とポイント賞を獲得しました。

ステージ1からステージ5の累計タイムは2位以下を約10分引き離しました。

直前に行われたインターハイ個人ロードレースの上位8選手のうち、7選手が参加している本レースで力のあるところを見せました。

TKU(テレビ熊本)によるLIVE配信が素晴らしい

最終日の第4ステージ、第5ステージはTKU(テレビ熊本)によるLIVE配信がありました。

LIVE配信はバイクカメラ2台+固定カメラをスイッチングしながら行われました。

プロのアナウンサーによる実況と解説も行われました。

初めてロードレースを観る方にも分かりやすい内容でした。

アーカイブがありますので、以下のリンクをクリック下さい。

ツアーオブ九州 アーカイブ

Follow me!

<応援クリックお願いします!> ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です