ZWIFTペースパートナーが大幅アップデート 全9人の紹介と5つの活用法

ZWIFT ペースパートナーとは




2020年に発表されたペースパートナー

ZWIFTの新機能としてペースパートナーが追加されました。

ペースパートナーとは一緒に走ることのできるペーサーボットです。

ZWIFT内を4人のペースパートナーが24時間走り続けています。

ユーザーは自分のペースに合ったペースパートナーを選び、好きなだけ一緒に走ることができます。

2022年9月の大幅アップデートからペースパートナーは9人

2022年9月にペースパートナーは大幅アップデートされたよ

2022年6月現在、ペースパートナーは9人です。

ペースパートナーは全員が身長175cm、体重75kgです。

9人のペースパートナーのパワーは下の表の通りです。

自分に合ったパワーウェイトレシオのペースパートナーを選択できます。

名前 パワーウェイトレシオ
Constance 4.2W/KG
Genie 3.7W/KG
Jacques 3.2W/KG
Yumi 2.9W/KG
Coco 2.6W/KG
Maria 2.2W/KG
Miguel 1.8W/KG
Bernie 1.5W/KG
Taylor 1.1W/KG

ペースパートナー

ZWIFT豆知識についてはこちらの記事を参考に

ZWIFTに蔓延するチート 本当にあったチート事件 チート方法と対策を紹介

【ZWIFT】トレーナー難易度を徹底解説 仕組みとレースに勝つ調整方法

WAHOO KICKR ワフーキッカーのベルトが切れた!修理方法は!?

ダイナミックペーシング

2022年5月のアップデートで加わった機能です。

ペースパートナーは、傾斜に応じてパワーが変化します。

登りでは多くのパワーを必要とします。

逆に下りは少ないパワーで下れます。

具体的には、3%以上の傾斜では10%パワーが上がります。

3%以上の下りでは20%パワーが下がります。

ダイナミックペーシング機能により、よりリアルな走行感が得られます。

上りでは踏み込んで、下りは軽く回す必要があるよ

ペースパートナーとの走り方

①ワールドチョイスでWATOPIAを選択⇒「他のライダーと一緒にライドしますか?」⇒「PACE PARTNERS」を選択

好きなペースパートナーを選択⇒「次へ」

「ライドwithC」を選択

5秒以内にペダリング開始

ペースパートナーに付いていく

ペースパートナーはグループライドと同じです。

ペースが遅いと置いて行かれます。

自動で追従する機能はありません。

ワチピアやマクリ島を走ってペースパートナーに遭遇するのを待つ方法もあります。

最初からペースパートナーと走る予定ならスタート画面から選択した方が早いです。

ZWIFTペースパートナー活用法5選

①ウォーミングアップ・クールダウンに活用

ZWIFTレース前はウォーミングアップが必要です。

ウォーミングアップは筋温を高め、関節可動域を大きくする働きがあります。

予め心拍数を上げることで、ZWIFTレース特有のスタートダッシュに対応できます。

ウォーミングアップは一定ペースと数回の短いスプリントが有効です。

負荷の軽いペースパートナーを選択して上手にウォーミングアップしましょう。

クールダウンは一定ペースで走る必要があります。

スプリントは不必要です。

筋肉に蓄積した疲労物質を除去し、リカバリーを早める作用があります。

ウォーミングアップ・クールダウンの必要性についてはこちらの記事を参考に

ZWIFTレース前に最適 究極のウォーミングアップ4選

②ドロップポイントを効率よく稼ぐ

ドロップポイントを貯めると経験値(XP)に応じたフレームやホイールが購入できます。

XPが走行距離に応じて増えるのに対して与えられます。

ドロップポイントは消費カロリー、獲得標高、走行距離、RIDE ONを受け取った数、性別に応じて与えられます。

ペースパートナーと一緒に走行すると最大2.5倍のドロップポイントが貰えます。

最初の5分間は1.0倍です。その後、5分毎に増えていき、最大で2.5倍になります。

2.5倍で5分間走行すると再度1.0倍になります。

ペースパートナーから離れかけると「Stay with Pace Partner」の警告が出ます。

ペースパートナーから離れるとドロップ倍率はリセットされます。

③限界に挑戦

普段Cカテゴリーのレースに出ている人にとってAペースパートナーに付いていくことは困難です。

自分がパワーウェイトレシオ4.2倍のペースパートナーに何分付いていけるのかを試すのは良いトレーニングです。

自身のFTPからスイートスポット強度を計算し、それに合ったペースパートナーに付いていくのも良いトレーニングになります。

スイートスポットトレーニングについてはこちらの記事を参考に

スイートスポットトレーニング 時間効率重視でロードバイクトレーニング!向いている人は?やり方は?時間は?強度は?ZWIFTワークアウトは?疑問を全て解決!

④カテゴリーテストに活用

ZWIFTレースにはAからDまでのカテゴリーがあります。

初めてレースに参加する時はどのカテゴリーが適しているか分かりません。

それぞれのカテゴリーのペースパートナーに何分付いていけるかで自身の適正カテゴリーが分かります。

レースカテゴリーはFTPと体重からも計算できます。

レースカテゴリーについてはこちらの記事を参考に

カテゴリー詐欺撲滅!?ZWIFT新機能「カテゴリー強制」とは!?

⑤ZWIFT集団走行トレーニング

ZWIFTはバーチャルライドなのでリアルとは違うテクニックが必要です。

ZWIFTもリアルと同じく集団先頭は抵抗が大きくなります。

集団内は抵抗が小さくなります。

リアルとは異なり、集団内にいても落車リスクはありません。

自分のペースが一定でないと、集団内の位置が前後します。

特に上りや下りで集団内の位置をキープするのは、独特のペース配分が必要です。

ペースパートナーには多くの人が集まっています。

ペースパートナーを中心とした集団内で位置を前後させることで、位置取りが上手くなります。

 

Follow me!

<応援クリックお願いします!> ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。